2007年11月25日

[MySQL]CSVファイルの読み込み(外部コマンド)

MySQL上で外部CSVファイルを読み込むには LOAD DATA INFILE 構文を用いる以外に mysqlimportコマンドを用いることも出来る。
mysqlimport --fields-terminated-by=',' --fields-enclosed-by='"' -h mysqlサーバー名 -u ユーザー名 -p データベース名 ファイル名

ただしこの場合、ファイル名の拡張子などをとった部分がテーブル名となることに注意。
例えば /home/xxxx/hogehoge.csv なら hogehoge というテーブル名になる。

クライアント側のファイルを読み込むときは --local オプションをつければよい。

参考サイト
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : 4.9.9. mysqlimport(テキストファイルからのデータのインポート)
posted by goblin at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[MySQL]CSVファイルの読み込み

MySQL上で外部CSVファイルを読み込むには LOAD DATA INFILE 構文を用いる。
なおサーバーとクライアントのマシンが異なり、クライアント上のファイルを読み込むときは LOCAL をつける必要がある。
LOAD DATA [LOCAL] INFILE 'ファイル名' INTO TABLE テーブル名
    FIELDS TERMINATED BY ',' ENCLOSED BY '"';

フィールドの区切りはデフォルトがタブコード(\t)なので、CSVの場合は上記のように指定する必要がある。

ただし大概の場合、このままではセキュリティの設定のため
The used command is not allowed with this MySQL version
というエラーになるが、これを回避するにはMySQLコマンドで
mysql --local-infile=1 -h mysqlサーバー名 -u ユーザー名 -p

のようにすると良い。

参考サイト
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/load-data.html
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/load-data-local.html
posted by goblin at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

[MySQL]MySQLでのコメント

MySQL文の中でコメントを使用するときは、# または /* 〜 */ を使用する。
(# は行末までコメント、/* 〜 */ は行中または複数行)

特にPHPなどのプログラムの中で、一部分だけをコメントアウトしたいときには、知っておくと便利。

$sqlst = "CREATE TABLE IF NOT EXISTS hrs_symp_table (
# code CHAR(5)  PRIMARY KEY NOT NULL UNIQUE, ← この行をコメントアウト
code INT   PRIMARY KEY NOT NULL UNIQUE,
name VARCHAR(50) NOT NULL
) engine=MyISAM;";


参考サイト
MySQL AB :6.1.6. コメント構文
posted by goblin at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。