2007年11月25日

[MySQL]CSVファイルの読み込み(外部コマンド)

MySQL上で外部CSVファイルを読み込むには LOAD DATA INFILE 構文を用いる以外に mysqlimportコマンドを用いることも出来る。
mysqlimport --fields-terminated-by=',' --fields-enclosed-by='"' -h mysqlサーバー名 -u ユーザー名 -p データベース名 ファイル名

ただしこの場合、ファイル名の拡張子などをとった部分がテーブル名となることに注意。
例えば /home/xxxx/hogehoge.csv なら hogehoge というテーブル名になる。

クライアント側のファイルを読み込むときは --local オプションをつければよい。

参考サイト
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : 4.9.9. mysqlimport(テキストファイルからのデータのインポート)
posted by goblin at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[MySQL]CSVファイルの読み込み

MySQL上で外部CSVファイルを読み込むには LOAD DATA INFILE 構文を用いる。
なおサーバーとクライアントのマシンが異なり、クライアント上のファイルを読み込むときは LOCAL をつける必要がある。
LOAD DATA [LOCAL] INFILE 'ファイル名' INTO TABLE テーブル名
    FIELDS TERMINATED BY ',' ENCLOSED BY '"';

フィールドの区切りはデフォルトがタブコード(\t)なので、CSVの場合は上記のように指定する必要がある。

ただし大概の場合、このままではセキュリティの設定のため
The used command is not allowed with this MySQL version
というエラーになるが、これを回避するにはMySQLコマンドで
mysql --local-infile=1 -h mysqlサーバー名 -u ユーザー名 -p

のようにすると良い。

参考サイト
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/load-data.html
MySQL 4.1 リファレンスマニュアル : http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/load-data-local.html
posted by goblin at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

[Perl]実行しているスクリプトのパスを取得

実行しているスクリプトのパスを取得するには以下の方法で出来る。
use FindBin;
$dir = $FindBin::Bin;
※メソッドではなく変数で取得することに注意!
これを用いるとスクリプトと同じディレクトリにある設定ファイルを読み込むというような場合には重宝する。
ちなみにパスの区切り文字はWindowsであっても / になる。
posted by goblin at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

[Perl]openの形式

Perlのopenだが、通常以下のような2つの引数の形式を使うことが多いが
open FH, $filename;
これよりも3つの引数の形式を使うほうがいいらしい。
open FH, $mode, $filename;

この3つの引数の形式の場合はmodeに以下のような読み込みか書き込みかを指定する。
open IN, "<", $infile;
open OUT, ">", $outfile;

しかし3つの引数の形式の文字コードなどを指定することが出来るのでより判りやすいコーディングとなる。
open IN, "<:utf8", $infile;
open IN, "<:encoding(shiftjis)", $infile;

参考サイト
404 Blog Not Found:勝手に添削 - PerlによるCSVファイルの高速集計 2の「openは3引数で」
PerlでUTF-8の文字コードを扱う
posted by goblin at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

[C/C++]プログラムの禁じ手

プログラムの基本ともいえる、以前Cマガジンに掲載されていた「プログラムの禁じ手」のWeb版があったので、基本に戻ることを忘れないように。

プログラミングの禁じ手Web版 C言語編
プログラミングの禁じ手Web版 C++編
posted by goblin at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | C/C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

[PHP]アップロードされたファイルの情報

アップロードされたファイルの情報の取得
HTMLの <INPUT type='file'> でアップロードされたファイルに関する情報は以下の変数で取得できる。
(なお datafile<INPUT type='file'>name で指定した名前)

$_FILES['datafile']['name']
クライアントマシンのファイル名(参照ボタンで指定したファイル名)

$_FILES['datafile']['size']
アップロードされたファイルのバイト数

$_FILES['datafile']['type']
アップロードされたファイルのMINEタイプ

$_FILES['datafile']['tmp_name']
アップロードされたファイルがサーバー上で保存されているテンポラリファイル名

$_FILES['datafile']['error']
アップロードの際のエラーコード
正常終了なら0となる
エラーコードの詳細は参考サイトを参照のこと



参考サイト
PHP: ファイルアップロードの処理 - Manual
PHP: エラーメッセージの説明 - Manual
posted by goblin at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

[Perl]ActivePerl 5.8.8.820がリリース

5.8系の最新として5.8.8.820がリリースされている。

ChangeLogを見るとPPM、WindowsのUnicodeまわり、その他いろいろと書いてある。

関連サイト
ASPN : ActivePerl 5.8.8
posted by goblin at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

[NEWS]UGSが買収される

自分が昔からよく使っていたソフトのひとつに I-DEAS というのがあります。

I-DEAS MasterSeries(現在のI-deas NX)の以前の I-DEAS Level 3の頃だから、20年近く経つことになりますが、この I-DEASの会社は何回か買収されて名前が変わってきていますが、また買収されるみたいです。

最初から I-deas 9までは SDRC社だったと記憶していますが、そのあとは EDS社、UGS社と変わって、しばらくは安定していたみたいですが、今度はドイツの Siemens A&D社がUGS社を買収するみたいです。

参考記事
Tech-ON ! : 独Siemens A&Dが米UGSを35億ドルで買収へ
posted by goblin at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

[I-DEAS]Orbixを必要としないIGESファイルの読み書き

I-DEASでIGESファイルを読み書き(Import/Export)を行う場合にはOrbixを必要とするが、隠しコマンド系を用いることでOrbixを必要としない「Old IGES translator」を使用できる。

Importするとき
/xto co bo fc im

Exportするとき
/xto co bo fc ex

古いI-DEAS 9をXPで動作させるときには、知っていると便利。

参考サイトの『ENG-TIPS FORUMS』の『General Engineering Programs Category』はいろいろな情報がある感じ。

参考サイト
ENG-TIPS FORUMS : IGES import error "unset SDRC_OI_OFF"
posted by goblin at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CAE関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

[NEWS]Fortranに代わるFortress?

Sun MicrosystemsがFortranに代わるハイパフォーマンス・コンピューティング用のプログラミング言語として、Fortressというのを開発していて、それが9日に公開されたらしいです。

まだv0.1αで、公開されたのはJVM上で動作するFortressインタープリタということです。

過去のFortarnの資産をどれぐらい利用できるのかわかりませんが、Fortressは技術計算でのメジャー言語になることができるんでしょうか。
f2fとか‥無理だろうな、多分。

参考記事
CNET Japan : サン、Fortranに代わる新プログラミング言語をオープンソースに
MYCOMジャーナル : 米Sun、HPC指向の新プログラミング言語「Fortress」を公開
OpenTechPress : サンとマイクロソフト、新プログラミング言語「Fortress」「Script#」の開発に本腰
posted by goblin at 15:42| Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。